親の遺産を放棄することができるのか

親が死亡した場合、必ず遺産相続の問題が発生します。京都のウインドローズ税理士法人でならば亡くなった人の所有する財産や権利義務などは、基本的に相続人へ包括的に移転することになっているからです。したがって、親が亡くなった場合、相続人である子どもがその遺産を取得することになるのです。

しかし、親の遺産の内容によっては相続したくない場合もあるでしょう。例えば、遺産の大半が借金である場合です。このようなとき、相続人が相続してしまうと親の遺産を肩代わりしなければなりません。少額の借金であればまだなんとかなるかもしれませんが、これが数千万円単位になると相続する気にはならないでしょう。このような場合は、家庭裁判所へ相続放棄の申述をすることになります。相続放棄の手続きを行えば、最初から相続人ではなかったことになるので、親の遺産を相続しないで済むことになります。ただ、相続放棄をするとすべての遺産を取得できなくなります。したがって、この手続きをする場合、あらかじめ親の遺産の内容を確認しておいたほうがよいでしょう。